アジアの障害者支援 −障害者の経済的、社会的な自立を目指して−


TOP > ブログ

ADDPの活動の様子をご紹介します

ADDPビエンサイ事務所駐在員日記

2016/03/24
製菓プロジェクト

現在、研修生が一人いますが、おいしいクッキーができるように、毎日一生懸命頑張ってクッキーを作る練習をしています。

出来上がったクッキーは、まだ販売出来る仕上がりではないので、たまに県の事務所や郡の事務所や村長などに配り試食してもらい製品化に向けて市場調査をしています。

練習開始当初は、クッキーの色がきれいな色になりませんでした。
しかし、毎日一生懸命練習している甲斐が有って、今ではきれいな色が出るようになりました。
パッケージの方は、ビエンチャンのIT研修生がパッケージシールの作成やパッケージ作業を手伝い協力して作業をしています。

造園・園芸プロジェクト

フアパンプロジェクトのローカルスタッフ「アイ君」が毎日、午前と午後の二回公園の状況を確認しています。
ビエンサイも温かくなったせいか、最近は桜の葉っぱがすごく出てきています。
一番嬉しかったのは二月に植えた桜の苗木のうち一本の木で花が咲いた事です。

現在は、元々県で雇っていた公園の掃除等の管理をする人が辞めてしまったので、公園の掃除をする人がいなくなり、公園がきれいではなくなってきています。
そのため、3月10日にADDPフアパンのスタッフ皆で公園の掃除をしました。
とっても疲れたけどきれいになりました。


公園の管理の役割分担を決めるためのミーティングを郡の事務所で2回実施しました。
ビエンサイ郡の事務所、農林事務所、青年同盟、女性同盟、ビエンサイ学校、民族の学校、そしてADDPの7事務所が出席をしました。
今月中に公園をきれいに保つために、ゴミ箱を設置することになりました。
また、全体的に土が少なくなっているところがあるので、土を補充することとなりました。


美容プロジェクト

美容院の方は、ラオスのお正月が終わったら、美容の研修生が来ることができるように準備をしています。
こんな感じでスタッフ一同頑張っています。

Date 2016/03/24